ウェルビーイングwell-being

メンバーコラム

こんにちは。Secoco(仮称)です。

ウェルビーイングwell-beingという言葉、よく聞かれるようになってきていますが、なじみがない方もいらっしゃるかもしれませんので、紹介したいと思います。ノースウーマンのコンセプトにも関連しているのではと思うので、興味を持っていただけるとうれしいです。

まず、言葉の意味ですが、WHO(世界保健機構)の健康の定義に関連しています。

日本語で次のように訳されています。

「健康とは、病気でないとか、弱ってないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいう」

この文の中にある「満たされた状態」という部分の英語がウェルビーイングwell-beingです。

それにしても、すべてが満たされた状態の人っているのかしら?と思うようなレベルの高い定義ですね。理想に過ぎないという批判もあるようです。

でも、言い換えると、「病気じゃないからといって、それで健康とはいえない」ということで、逆に、「仮に病気であっても、ウェルビーイングに目を向けることで健康といえうる」と考えられます。

ウェルビーイングは、生きがい、幸福感、生活満足感ということと同じような意味合いと言えるようです。そしてその具体的な形は、生きがい・幸福感・満足感のように人それぞれなのだと思います。完璧なウェルビーイングは理想かもしれませんが、生きる目標としてウェルビーイング(=満たされた状態、満たされた人生)をめざすことは大切なことではないでしょうか。

そういう意味で、ウェルビーイングをめざすことは、ノースウーマンのコンセプト「ひとりひとりの夢をカタチに」と重なるところがあるように思えます。夢をカタチにする上で、ウェルビーイングという考え方も取り入れてみてはいかがでしょうか。

心理学者のリフという方が心理的ウェルビーイングとして以下6点を整理しています。これらがすべて満たされていたら心理面では十分ウェルビーイングといえるのかもしれません。

1)自己受容:自分に対してポジティブな態度を持つこと

2)他者とのポジティブな関係:他者とあたたかく満足できる信頼できる関係を持つこと

3)自律性:自己決定ができて自立していること

4)環境制御力:自分の周囲や環境に対する能力と達成感があること

5)人生における目的:人生の目標と方向性がもてている感覚があること

6)人格的成長:成長し続けている感覚があること

(放送大学テキスト「健康への力の探求」より引用)

今後、ウェルビーイングをアップさせるヒントなどを投稿できたらと思っています。よろしくお願いします。(secoco)

関連記事

カテゴリー

アーカイブ